BUSINESS COLUMNビジネスコラム

経営課題 2020.05.29

企業の持続的な成長へ向けた取り組み強化を目的としたコーポレートガバナンス・コードとは?

コーポレートガバナンスとは日本語では「企業統治」と訳され、企業経営を監視、監督する仕組みを意味しています。企業の持続的な成長の実現はもちろん、上場を視野に入れる企業の社内整備においても欠かせないものの一つといえます。しかし、実際にこれを整備するとなった時点でコーポレートガバナンス・コードについて詳しい知見がなければ、実現は困難です。そこで、今回は、コーポレートガバナンス・コードの概要、そして、自社内で整備を行う際のポイントについてお伝えします。

上場企業の企業統治に欠かせないコーポレートガバナンス・コードとは?

近年、テレビや新聞のニュースでコーポレートガバナンス・コードという言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。コーポレートガバナンスとは、「会社は経営者のものではなく、資本の投下を行っている株主のものである」という考えのもと設置される、企業の経営を監視、監督する仕組みです。そして、コーポレートガバナンス・コードとは、その原則、指針となるものです。

2014年6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014-未来への挑戦-」においてコーポレートガバナンスの強化が打ち出され、「持続的成長に向けた企業の自律的な取組を促すために東京証券取引所がコーポレートガバナンス・コードを策定する」とされました。東京証券取引所と金融庁は「コーポレートガバナンス・コード原案」をまとめ、2015年6月にコーポレートガバナンス・コードが上場企業に適用されました。その後、2018年6月に一部が改訂されています。

「コーポレートガバナンス・コード」には次の五つが基本原則として明示されています。

  1. 株主の権利・平等性の確保

企業が持続的な成長を実現するうえで、株主が正しく権利を行使できる環境を整備しなくてはなりません。また、少数株主や外国人株主などに対しても株主の権利や平等性を確保するための配慮を怠らないようにします。

  1. 株主以外のステークホルダーとの適切な協働

株主以外でも企業運営において影響を及ぼす者(顧客や取引先、債権者などの利害関係者、いわゆるステークホルダー)が多く存在します。この存在を認識したうえで、株主同様、ステークホルダーとも適切な協働を行っていかなければなりせん。また、環境、社会、統治問題への積極的な対応をこれらに含めることも考えられます。

  1. 適切な情報開示と透明性の確保

上場会社として、法令に基づき、さまざまな情報を開示し、株主や社会に対し透明性を確保します。具体的には、会社の財政状態や経営成績などの財務情報、経営戦略や経営課題、リスクやガバナンスにかかわる情報といった非財務情報です。

また、上場会社では、法令に基づく情報開示以外にも、株主からの要求有無にかかわらず、主体的に情報の開示を行う必要があります。その際、提示する情報は利用者にとってわかりやすく、利用者にとって有益な情報となるような配慮が必須です。

  1. 取締役会等の責務

上場会社の取締役会は、以下をはじめとする役割・責務を適切に果たさなければなりません。

(1) 企業戦略等の大きな方向性を示すこと

(2) 経営陣幹部による適切なリスクテイクを支える環境整備を行うこと

(3) 独立した客観的な立場から、経営陣(執行役及びいわゆる執行役員を含む)・取締役に対する実効性の高い監督を行うこと

このような役割・責務は、会社の期間設計が以下のいずれの場合も適切に果たされなければなりません。

  • 監査役会設置会社
  • 指名委員会等設置会社
  • 監査等委員会設置会社
  1. 株主との対話

企業の経営層、取締役と株主は基本的に株主総会以外で意見の交換をする機会はほとんどありません。しかし、経営の基盤強化、持続的な成長において、普段から株主と対話を行い、自社の経営戦略に指針に対して理解を得ることを欠かさないようにします。

以上、5点がコーポレートガバナンス・コードの基本原則です。注意点としては、コーポレートガバナンス・コードは遵守の義務はないという点です。つまりコーポレートガバナンスを実現していくうえで、必ずしもすべてを遵守する必要はありません。ただし、その際は、なぜ遵守しないかを株主やステークホルダーに伝える必要があえることは覚えておきましょう。

上場するうえでコーポレートガバナンスが必要になる理由

遵守の義務がないとはいえ、コーポレートガバナンス・コードは一つの重要なガイドラインであり、これから上場する企業においては、コーポレートガバナンスの実現が鍵になっていくでしょう。その理由について説明します。

  • 企業価値向上

コーポレートガバナンスを実現すれば、株主やステークホルダーからの信頼性が高まり、それが結果として企業価値の向上につながります。また、企業価値が向上すれば、金融機関からの融資を受けやすくなり、既存事業の拡大、新たな事業への挑戦など次の段階に進んでいけます。

  • 経営層の不正防止

企業が不正、粉飾を行ってしまう原因はさまざまですが、そのなかでも大きなものとして挙げられるのが、経営層による企業の私物化です。そして、経営層が企業を私物化してしまう原因の一つとして、コーポレートガバナンスが正しく機能していないことが考えられます。コーポレートガバナンスの実現により、不正や粉飾をなくす効果も期待できます。

  • 必要な融資の確保

これから上場するといった場合、上場後には株主から投資を受けられるようになりますが、それだけで企業経営を行えるわけではありません。特に中長期で成長戦略を策定していくには、それに応じた資金が必要です。そのためには、株主からの投資以外に金融機関からの融資が欠かせません。しかし、当然ながら、企業に信頼がなければ金融機関の融資は受けられません。コーポレートガバナンスを実現し、企業価値を高められれば、金融機関からの信頼も得やすくなり、必要な融資を受けられる可能性が高まるでしょう。

コーポレートガバナンス・コードの原則にスムーズに対応するためのポイント

一般的にコーポレートガバナンスには、大企業だけが導入するものといったイメージがあるかもしれません。しかし、これまで説明してきたように、企業規模にかかわらず、継続的に成長していくためにコーポレートガバナンスの実現は欠かせないといっていいでしょう。特にこれから上場を検討している企業にとっては、株主やステークホルダーとの関係性を強め、企業価値を高めていくうえでも積極的に導入していくべきだといえます。

ただし、重要だからすぐに導入というほど簡単なものではありません。コーポレートガバナンスの導入をスムーズに進めるためのポイントは、コーポレートガバナンス・コードの基本原則をしっかりと理解し、正しく実践していくことです。また、コーポレートガバナンスに知見を持った人材のスポット登用も効果的です。

スムーズなコーポレートガバナンスの整備は知見を持った専門人材のスポット登用がポイント

コーポレートガバナンスは、企業統治と訳され、企業の経営を監視、監督するために設置される仕組みです。そのため、企業の不正を防止するといったイメージを強く持っている方が多いかもしれません。しかし、実際にはそれ以外にも、企業価値の向上、財務体制の強化など、企業に多くのメリットをもたらすものです。そのため、特にこれから上場を目指す企業は、コーポレートガバナンス・コードの基本原則に則ったうえで、スムーズに対応していく必要があります。

ただ、ひと口にコーポレートガバナンスといっても、その整備にはさまざまな経験、知見が求められるため、上場手前の企業にとってスムーズな対応は簡単ではありません。そこで、知見を持った外部人材のスポット登用も選択肢の一つです。コーポレートガバナンスに知見を持った人材を活用すれば、上場を目指す企業の手間を軽減し、企業価値向上に大きく貢献することでしょう。

パソナ顧問ネットワークでは、コーポレートガバナンスの実現をサポートするために「社外取締役・社外監査役」紹介サービスを提供しています。社外取締役選定のポイントや報酬の目安、選定時期など、ご不明点はお問合せください。

 

参照サイト:

パソナ顧問ネットワークとは パソナ顧問ネットワークとは

関連記事

ビジネスを成功に導く
プロフェッショナルの活用を
是非ご相談ください

成長にプロフェッショナルの経験を。